秋の味覚の柿、栗、サツマイモなどを堪能しています


10月になると我が家では柿が食べ切れないほどとれます。
渋柿なので大部分は焼酎につけて渋を抜いて食べるのですが、完全に熟していると渋が抜けるのでそういうものはそのまま食べることができます。
そして一度にすべての渋を抜くと一斉に食べ時が来てしまうので適度につける時期をずらすようにしています。

それでも食べ切れない分は家族がそれぞれ職場に持って行き、そのお返しにお菓子などをもらうことも多々あるのが嬉しいところです。
最近では家族が栗をもらってきてそれで栗の炊き込みご飯にしました。

もちろん自分たちでも食べ、毎日柿を食べるとうんざりした気分になるのですが、それでも食べると美味しいのでたまりません。
他には我が家ではサツマイモもとれ、スーパーで売られているものよりだいぶ不格好なものですが、味はとても良く蒸しただけでも美味しいです。
そしてそれで大学芋、炊き込みご飯、そしてシチューの具にして食べるのも良く、秋はやっぱりいいなと思っている毎日です。